任意整理をするとブラックリストに載ってクレジットカードが使えなくなりますが、クレジットカードに附属のETCカードがどうなるか知っていますか?

ここでは、任意整理をするとETCカードがどうなるのかに加えて、クレジットカードに附属のETCカードが使えない間の対処法を紹介していきます。

任意整理をするとETCカードはどうなる?

一般的には、ETCカードはクレジットカードに附属しているサービスという扱いになっていますが、クレジットカード会社は「信用情報機関」という機関に加盟しています。

信用情報機関とは、銀行・クレジットカード会社・消費者金融といったお金を貸す会社が加盟している機関で、お金を貸す相手に十分な返済能力があるか確認するため、クレジットカードの利用状況や債務整理の利用状況といった情報を集めています。

任意整理をすると信用情報機関に情報が登録され、加盟しているすべての会社へその情報が伝わるため、どの会社でもクレジットカードやローンが使えなくなるなどのデメリットを受けます。

このように、任意整理するとクレジットカードが使えなくなるため、クレジットカードに附属しているETCカードも利用できなくなります

なお、任意整理の場合は信用情報機関に情報が登録される期間は5です。

この期間が過ぎると登録された情報が削除されるため、元のようにクレジットカードやETCカードが利用できるようになります。

任意整理後でETCカードが使えない間の対処法は?

任意整理後でETCカードが利用できない期間でも、「ETCパーソナルカード」を利用することができます。

ETCパーソナルカードとは高速道路会社6社が共同発行しているETCカードで、あらかじめ「デポジット」と呼ばれる保証金を預けることでクレジットカードなしでもETCのサービスを利用できるようになります。

ETCパーソナルカードを作るには、「ETCパーソナルカードWebサービス」(https://www.etc-pasoca.jp/)で「ETCパーソナルカード利用申込書」を作成し、ETCパーソナルカード事務局へ郵送した後、所定の方法でデポジットを振り込めばOKです。

まとめ

任意整理をすると、約5年間クレジットカードが利用できなくなるため、クレジットカードに附属のETCカードも使えなくなります。

任意整理後でクレジットカードが利用できない期間でも、クレジットカードがいらないETCパーソナルカードなら利用できます。

ETCパーソナルカードを作るには、「ETCパーソナルカードWebサービス」で利用申込書を作成した後、デポジットを振り込む必要があります。