借金の返済が苦しくて個人再生を考えている人の中には、家族にどんな影響が出るのか心配だという人も少なからずいます。

ここでは、個人再生をするときに家族に影響が出やすいポイントを3つ紹介しますので、あらかじめ知っておくことで家族への影響を抑えるための一助としてください。

個人再生のことなら個人再生相談室

★同居している家族に内緒で個人再生するのは難しい
家族と同居している人が個人再生をするには、裁判所への申し立てのときに同居の家族の収入がわかる書類(過去2カ月ぶんの給与明細など)を提出する必要があるため、同居している家族に内緒で個人再生するのは難しいです。

一方、同居していない家族であれば、自分から知らせない限り、個人再生がバレる可能性は低いといえます。

ただし、家族が保証人になっている借金がある場合は、家族に内緒で個人再生することは不可能です。

★家族が保証人の借金がある人は個人再生より任意整理
個人再生は裁判所を通して行う法的な手続きであるため、どの借金も同じように整理しなければならないというルールがあります。

家族が保証人の借金がある人が個人再生した場合、保証人付きの借金も例外なく整理されるため、保証人となっている家族に借金の残高が一括で請求されることになります。

これを避けるには、個人再生でなく任意整理を選ぶのが最も有効です。

任意整理であれば、整理の対象とする借金を自由に選ぶことができるため、保証人付きの借金以外の借金を整理することが可能だからです。

★財産がある人が個人再生するなら家族への影響に注意
家を持っている人の場合、ローン完済前なら「住宅ローン特則」という制度を使って残すことが可能ですが、ローン完済後の家があると個人再生で借金を減額してもらえない可能性があります。

例えば、現在の価値が900万円の家がある場合、個人再生では元本を900万円までしか減額してもらえないということになり、個人再生をする意味がなくなってしまいます。

この場合は家を処分するか、財産に影響が出ない任意整理を選ぶことになるでしょう。

★まとめ
個人再生では同居の家族の給与明細などを提出する必要があるため、同居している家族に内緒で個人再生を行うのはかなり難しいです。

加えて、家族が保証人になっている借金がある場合は、個人再生すると保証人となっている家族に借金の残高が一括請求されるため、必ず個人再生がバレることになります。

そうなるのを防ぐには、保証人付きの借金を整理の対象から外せる任意整理が最適です。

また、ローン完済後の家がある場合、家の価値によっては借金を減額してもらえず、個人再生をする意味がなくなってしまうので注意してください。