任意整理について調べているときに、「異動」という聞きなれない言葉を目にしたことはありませんか?

任意整理でいう「異動」には、職場の人事異動などとは違って、専門的な意味があります。

ここでは、「異動」がどういう意味なのかに加えて、「異動情報」が消えるのはいつなのかについて説明していきます。

任意整理の「異動」とはどういう意味?

任意整理でいう異動とは、もっぱら「異動情報」のことを指します。

任意整理の相手方となる銀行・クレジットカード会社・消費者金融といった会社は、お金を貸す相手に返済能力があるかどうかをチェックするため、クレジットカードやローンの利用状況など「信用情報」と呼ばれる情報を集めている「信用情報機関」に加盟しています。

任意整理をすると、お金を借りた会社から信用情報機関に「この人は借金を予定通りに返済できず任意整理をしました」という情報が登録されます。

このようにして登録された任意整理の情報が、「異動情報」とよばれているのです。

ちなみに、信用情報機関に異動情報が登録されることを俗に「ブラックリストに載る」といいます。

任意整理で登録された異動情報が消えるのはいつ?

任意整理をして信用情報機関に異動情報が登録されると、クレジットカードやローンが利用できない、分割払いでスマホなどを買えないなどのデメリットが発生します。

しかし、異動情報は一度登録されたら永久に消えないものではなく、登録されてから約5年が経過すると削除されます。

ただし、異動情報が削除されても通知などは来ないため、本当に削除されたかどうかを確認するには、信用情報機関であるJICCCICJBAKSC)に信用情報の開示請求を行う必要があります。

JICCCICはインターネット・郵送・窓口、JBAは窓口のみで開示請求を受け付けているので、必要な場合は所定の手数料を添えて申し込んでください。

まとめ

任意整理をすると信用情報機関に情報が登録されますが、登録された任意整理の情報のことを「異動情報」といいます。

信用情報機関に異動情報が登録されるとクレジットカードやローンが使えない、分割払いができないなどのデメリットを受けますが、異動情報は登録されてから約5年で削除され、その後は元のようにクレジットカード・ローン・分割払いが利用できるようになります。

ただし、異動情報が削除されても通知などは来ないため、本当に削除されたかどうかを確認したい場合は、信用情報機関に信用情報の開示請求を行う必要があります。