任意整理は最も手軽に借金を減額してもらえる手続きですが、具体的に借金がいくら減るのかご存知ですか?

ここでは、借金額ごとに任意整理で借金がいくら減るのか、目安を説明していきます。

任意整理で100万円の借金はいくら減る?

任意整理では、利息や遅延損害金を0円にしたうえで、元本の返済期間を60回払い程度まで延長してもらえます。

借金減額効果としては利息・遅延損害金の全額カットだけですが、返済期間が延びることで毎月の返済が分散されて負担が軽くなるという効果もあるのです。

借金額が100万円の場合、毎月の返済額は5万円、利息を含めた返済総額は120万円となるのが一般的です。

ここで任意整理をすると、利息の20万円は全額カットでき、毎月の返済額も17000まで減額できます。

任意整理で300万円の借金はいくら減る?

次は、もっと借金額が大きい場合について説明しましょう。

借金額が300万円の場合、一般的な例では毎月の返済額は76000円程度、返済総額は450万円を超えることも珍しくありません。

この場合、任意整理で利息の150万円をカットでき、毎月の返済額も5万円まで抑えることが可能です。

金額の大きい借金では、返済期間がもともと5年以上の長期になっている場合も多いですが、キャッシングやカードローンだと利息が高くつくので任意整理をする意味はあります。

任意整理で50万円の借金はいくら減る?

任意整理は借金額が小さい場合でも行うことができます。

借金額が50万円だとすると、毎月の返済額は25000円程度、返済総額は60万円程度といったところでしょう。

任意整理では利息の10万円をカットしたうえで、毎月の返済額を1万円以下まで抑えることが可能です。

このような少額の借金でも少ない費用で扱えるので、「借金額は少ないけど返済は苦しい」という人も任意整理なら気軽に利用できます。

まとめ

任意整理では利息・遅延損害金の全額カットや返済期間の調整といったメリットが受けられ、毎月の返済額を今より大幅に小さくできます。

借金額が100万円の場合、利息の約20万円をカットしつつ、毎月の返済額を半分以下にできます。

借金額が300万円と高額の場合は元々の返済期間が長く設定されていることが多いですが、その分高くついた利息をカットでき、毎月の返済額も5万円まで抑えられます。

借金額が50万円程度の少額である場合でも、任意整理をすれば利息約10万円カットなど確実な借金減額効果があり、毎月の返済額も1万円以下にできるので、収入が少なくても借金完済への道が開けます。